面倒でも行政の支援制度を詳しく確認すること

 

 

離婚を行ったらその後の手続きに東奔西走して、くたくたになってしまう人も多いでしょうが、行政の支援制度を詳しく確認して、少しでも生活を安定させる努力をしたほうが良いでしょう。
離婚をして、子供の親権を持っている場合は児童扶養手当を受けられる場合があります。
いくつかの条件に照らし合わせて、所得が少ない場合はお金を受け取る事が出来ます。
また同様に、ひとり親の家庭なら、子供と親が医療費の助成を受けられるひとり親過程医療費助成制度があります。

 
特に小さな子供は体調を崩しやすく、家計に対する医療費の負担が大きくなるものです。
適切な治療を受けさせるためにも、これらの支援制度を利用すると良いでしょう。
また、児童扶養手当を受け取っている場合は、JRでの通勤定期乗車券を購入する時に3割引きで購入出来るメリットや、水道料金と下水道料金が減免されます。
これらの支援制度は住んでいる各自治体によって種類や内容が異なります。
なので、色々と確認をするのは時間もかかって面倒な事ですが、子供や自分の生活を少しでも安定させる為には、市役所などの相談窓口に足を運んで、具体的な内容について相談をして来ると良いでしょう。

Comments are closed.